1.選考は、会社のエリアに入ってから家に帰るまで続いている

1.選考は、会社のエリアに入ってから家に帰るまで続いている
 
と、言ったら大げさかもしれない。会社のエリアに入ってから、会社が見えなくなるところまで、か。
いやいや、極端ではあるけれど、就活の帰りに、友人と待ち合わせ飲み会でバカ騒ぎをしていたら、
会社帰りの面接官とバッタリ!なんてことも、いや、めったにないか。
 
表題は極端な例かもしれないが、実際、就職活動で会社に入ってから、出るまで、常に見られている意識をした方がよい。
いわゆる「選考」だけで、自分たちは判断されているのではない、ということを知ってほしい。
 
ではどこを、見られているのだろうか。
採用担当として、実際に見てきた経験から、アドバイスをしていく。
今回は、時系列に沿って、会社に入ってから出て行くまでの流れを、15回+おまけの1回にわたって、追ってみたいと思う。
 
私の会社だけより、色々な会社の事例も知りたいと思うだろう。
かといって、自分の入りたい会社の人事の人がこうしたブログを書いているとも限らないだろう。
そこで、私の会社ではやっていないことでも、他社の人事の方から聞いた話も反映させたいと思う。
 
 
さらに、100回を超えて履歴書を落ちた経験に、過去4回の転職経験から、選考を通る、ツボもなんとなくわかってきた。
もちろん、これプラス、個性や運も関係してくるので、できたから全部受かるわけではないが、それらも織り込んだ内容にしていきたい。
 
【会社に入ってから出て行くまでで、どんなところを見られているのか】
すべて意識した上で、のぞめば「やるだけのことはやった」と後悔のない就職活動の助けになるはずだ。
 
2.予約サイトから選考を予約する
3.履歴書や職務経歴書を書く
4.会社へいくまでの間に起こりうる出来事と対処
5.その会社のフロアに入った時
6.受付(電話)での応対
7.初対面の印象
8.会場へ行くまでの様子
9.開場の待ち時間
10.開始
11.選考中
12.休憩中
13.終了時の様子
14.退社時
15.外に出てから
16.家に帰ってから
17.全体を通して言えること

選考を乗り切ろう

最新情報をチェックしよう!