3.履歴書や職務経歴書を書く その2<氏名・印鑑・住所・電話番号>

③氏名、ふりがな
字は大きく、しっかり、、などと言わない。ちゃんと、書けば問題ありません。まちがっても、大量生産する履歴書の中の一枚、なんてことにならないよう、丁寧に書きましょう。
ふりがな、は「フリガナ」ならカタカナにするなど、対応する。通常は「ふりがな」(ひらがな)。

④印鑑
(個人的には)どうでもいい。当然、押しておくのが礼儀ではある。押し忘れて現地で押す可能性もあるので、100円均一でシャチハタを買って常にカバンに入れておきましょう。

⑤住所
書き間違いが結構多いのがここ。しっかり、マンション名や何号室かまで書き漏らさないようにする。ここ数年なぜか、番地を書かずに出してくる人が増えた。嘘のような、本当の話。
おそらく「受かるかどうかわからない企業に、個人情報はできるだけ教えたくない」という人が増えたのではないかと思う。ただ、そう考える人は良く考えてほしい。何のために、履歴書を提出してもらっているのかを。送付物や連絡を取るのに、そんな住所では対応できません。また、そんな「受かるかどうかわからない」感覚で受けてほしくないし、「個人情報を提供するのが不安」な企業と思って受けてもらっているのであれば、もっと安心できる企業を受けたほうが良いと思います。だって、受かったらどのみち教えることになるんですよ?
受かる前提で考えたら教えるでしょ。
こうした、意味のない間違えたセキュリティ意識は、いりません。「なんだって念のためやっておけばいいや」はその人の考察の浅さのアピールになってしまいます。

⑥電話番号、携帯番号
携帯番号と、(あれば)固定電話の番号を書いておいたほうがいい。FAXは必要ない。
なぜ固定電話の番号を書いておいたほうがいい、かというと、最近の携帯電話は「アドレス帳」に入っているなど、受信許可の設定をされていない番号については、迷惑電話として処理してしまうものがある。
私もこれにとにかく苦しめられた。
そういう人に限って、固定電話の番号を書いておらず、メールを送っても音沙汰なし。連絡が取れなくなってしまうのである。そういうときの蜘蛛の糸が、固定電話になる。
実はこれは、学校の就職課やキャリアセンターの人たちも同じことを言っていた。「ワンコールもならず『おかけになった番号へは、おつなぎできませんでした』と言われて、勝手に切れてしまうんです。提出物を催促しようにも、学生に連絡のつかないことが増えて困ってます」とのこと。
そういうことなので、インターンシップの時期かな、就職活動のシーズンが始まったら「携帯電話に知らない人からの電話がかかってきても、着信できるように」設定をしておこう。もちろん、しつこい企業や、就活中に知り合った嫌な学生から連絡が来るかもしれない。そういうときには、その番号を迷惑設定するなどして回避すればいいわけで、一律に連絡が取れなくなってしまうと、せっかくの内定の連絡さえ、何度電話してもつながらなければ企業もあきらめざるを得ないかもしれない。
留守電設定を駆使するなども方法の一つだが、とにかく、企業や学校の就職課との連絡がとりあえるように、うまくやってほしい。
設定をしたら、知らない番号からかかってきたときに、きちんと鳴るか、キャリアセンターの方に鳴らしてもらうなど確認を必ずしておこう。

最新情報をチェックしよう!