「handsup!(ハンズアップ)」匿名の質疑応答をセミナーなどで簡単にできるサービス

  • 2020-03-11
  • 2020-03-03
  • IT
  • 488view
IT

セミナーで、自由に参加者に質疑応答をしてもらうとき、どうしても周りの反応を気にして手を上げづらい人もいるようです。

そこで、何か質問をしやすくなる良い方法は中、調べていたところ「handsup!」というサービスに出会いました。

これが、めちゃくちゃ便利!

そして、超簡単に準備ができます。

 

■handsup!とは

セミナー・勉強会・講演会・講義などのリアルイベントでは恥ずかしくて手を挙げられない人でも、 オンラインで匿名だから気軽に質問できるようになることで、イベント自体がもっと盛り上がるようになるWebサービスです。

きっと、このサービス作った人も「周りに人がいると質問しづらいなぁ」なんて、感じていたんだろうなぁ。笑

実際に、このサービスを使って、参加者に質問をしてもらったら、いつもにくらべて5倍くらい質問が出ました。

 

■使い方

1.サイト(https://handsup.cloud/)にアクセスします。

<外部リンク:handsup!>

 

2.「10秒で会場をつくってみる」をクリック

 

 

3.会場の名前を入力し、「作成する」をクリック。
今回は「質疑応答のコーナー」としました。

 

4.①に説明を書きます。
  ②には例として質問を書き、最初の質問を「質問する」でアップしましょう。

 

これで、完了です。

あとは、このサイトのURLをコピペして、参加者のPCやスマホからアクセスしてもらい、入力してもらいます。

 

5.おまけ

③会場の参加者には、他の人の質問に「いいね」で参加してもらいましょう。
 「いいね」の数が多い順に上から自動で並ぶので、上から順に会場の関心のある内容になります。

④そのほか、公開やパスワードを設定した非公開の設定も作れます。
 公開にすると、handsup!のサイトにある、公開にしたページ一覧から、ほかのユーザーがアクセスして参加できるようになります。

 

 

■私の使い方

質疑応答の時間に、参加者に、持っている端末からどんどん書き込んでもらいます。
制限時間になったら、上から順に、口頭で回答をしていく、という形です。

企業でのセミナーでは、個人的な質問について書かれて、本当に参加者の聴きたいことを聞ける場になります。

学生相手のセミナーでは、結構くだらない質問も書きやすいらしく、笑いの起こりやすい人気のコーナーになります。
盛り上がりますよ!w

オシャレグッズでも「ハンズアップ」!

最新情報をチェックしよう!