「Connecting the dots(点と点を結べ)」という言葉

スティーブ・ジョブズ氏が言った有名な言葉です。

ジョブズ氏はそれまで文字が表示されるだけであった、PCのフォントについて疑問を持っていました。
そこで、大学でカリグラフ(文字芸術)の授業を取り、文字を美しく見せることを追求していたそうです。
結果、アップル社を立ち上げた際、自分の理想を実現する方法を「点」として持っていたジョブズ氏は、取り入れたシステムにより市場の評価を得て、成功を収めます。

you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。何かを信じ続けることだ。

「スタンフォード大学卒業式スピーチ(2005年)」より

このカリグラフの授業は、ジョブズ氏がアップル社を立ち上げる前に受けていたものです。
とにかく、自分の興味のあること、目の前にあることをやり遂げ、「点」をたくさん作っておくと、将来、線となって人生に道を作り上げる、ということの例です。

実際、将来に向けて何をしたらいいかわからない、とか、いろいろなことに興味があってひとつに絞れない、といった方は多いと思います。

それであれば、目の前のことを達成し続ける、一生懸命やる、興味のあることを思い切りやる。そうすることで、それらの「点」がいずれ、線となって将来に道を作り上げてくれるでしょう。

ただし、やるからには、きちんと色の濃い「点」となるよう、中途半端にならないようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!

大切な言葉の最新記事4件