Warning: Declaration of W3TC\DbCache_Wpdb::prepare($query, $args) should be compatible with wpdb::prepare($query, ...$args) in /home/finespace/it-meshi.com/public_html/wp-content/plugins/w3-total-cache/DbCache_Wpdb.php on line 8
就活前に必読!ビジネスアイテム【アクセサリー】の選び方を、男女別にご紹介!│ITめし    

就活前に必読!ビジネスアイテム【アクセサリー】の選び方を、男女別にご紹介!

アクセサリーの選び方、と書いておいてなんですが。。
就職活動では、あまり重視しないポイントになります。
おしゃれと、就活はあまり共存しません。(アパレル業界など、業界によってはこの限りではありません)

というのも、自分の経歴や、面接で話す情報以外にも、相手に自分を印象付ける情報を提供することになるためです。
アクセサリーはもともと、その人間のイメージをくっきりとさせる、いわば個性の象徴になりえるものです。

存在感のあるものであればあるほど、その人を表すものになってしまいます。
たとえば、派手なピアスを付けていれば、会話の内容よりも「ピアス」というイメージが強くなってしまい、せっかく伝えたい自分の情報やイメージの妨げになりうるということです。

ここでは、「どのようなアクセサリーを付けると邪魔にならないか」という焦点で伝えたいと思います。

 小物やアクセサリーを選ぶ際の考え方(男女別)

<男性>

ビジネスシーンにおいてブレスレットを着用する機会はあまりありません。ミサンガや、指輪などもそうです。

そうしたアイテムを「どんな人なのかな?」と企業の担当者などが見たときに、どんな印象を受けるのか相手のみになって考えると、選択しやすいでしょう。

ネクタイピンやカフスボタンなどはアクセサリーに入りますが、就職活動では華美なものは敬遠される傾向にあります。

たまに着けている方がいるのは事実ですが、就職活動中はできるだけシンプルなものを選びましょう。
ネクタイピンは、ネクタイがずれるのを防いでくれるため、効果はあります。

<女性>

ビジネスシーンのアクセサリーは、あくまでシンプルで目立たないものを選ぶのが常識です。

つけていなくてもマナー違反にはなりませんし、着けるとしても目立たない華美でないものを選びます。

見えない部分につけるネックレスなどはつけていてもかまいませんが、目立つ部分の指輪やブレスレットなどは極力シンプルにすると良いでしょう。

同様に髪留めについても目立つものは避けたほうが良いでしょう。

男女ともに目立つものは避けた方が良い、というのは伝わったと思います。
ここでいうアクセサリーは小物全般を指しますが、眼鏡なども同様です。
派手なフレームの眼鏡など避けるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!