「Boomerang」を使ってGmailで予約送信をする

IT

■Gmailで簡単に、予約した日時にメールを送信できるようにしたい!

決めた日時にメールを送信するためのアドオン(拡張機能)「Boomerang」の紹介です。
これを使うと、リマインダや予約送信がブラウザのメーラーでできてしまいます。
Firefox、Chrome、Safariに対応しています。

せっかくなので紹介もしつつ、私が一瞬テンパった「予約設定した後にもう一回編集するにはどうしたらいいのだ?!」
という点についても伝えたいと思います。

■使えるようにする流れ(Chromeの場合)

1.Gmailへ「Boomerang」を追加する
以下のURLへアクセスし、[Install Boomerang]をクリック
http://www.boomeranggmail.com/

2.インストール
[追加]を選択してインストール。(画像はChromeの場合)

3.Gmailで使えるようにする
3-1.
Gmailにアクセスすると「Boomerang」のアイコン(まさにブーメランの形をしている)が表示されています。
アイコンをクリックし[Setting]を選択します。

3-2.
もしポップアップをブロックする画面が表示されたら許可して更新する。

もう一度[Setting]を押すと、どのGoogleアカウントで利用するか聞かれるため、アカウントを選択します(複数のアカウントを利用している場合)。
[許可]がリクエストされるので承認します。

3-3.
設定はデフォルトで通常使用に問題ありません。[OK]をクリック。

設定はこれでOKです。

■予約送信をする

4-1.
メッセージを[新規作成]すると、[送信]ボタンの下に[Send Later]というボタンが表示されます。
それをクリックすると送信する日時を設定できます。
言語を日本語にしていても利用することが可能です(現時点でBoomerangの表示は英語のまま)。

4-2.
「In 1hour(1時間後)」「Tomorrow morning(明日の朝)」「At a specific time(特定の時間を指定)」が選べます。
「At a specific time」で日時を指定した場合は、最後に[Confirm]をクリックし、指定日時に送信する設定を確定します。
Gmailの言語が日本語になっていれば日本時間で設定しても大丈夫です。
カレンダーをクリックして設定しても大丈夫ですし、直接入力しても大丈夫です。

※入力形式によっては[Confirm]をクリックした後、エラーが出てできないため、注意しましょう。
たとえば、英語表示状態で、全角で日時を指定すると出ます。半角英数で入力してください。

5.設定した後に送るのを取り消したい(再編集したい)

画面右上のBoomerangアイコンをクリックし、[Manage scheduled messages]をクリック。

すると、予約送信設定したメールの一覧が別タブで立ち上がり、表示されます。

送信を取り消したい(再度編集したい)対象のメッセージを選択すると、そのメッセージの処理メニューが表示されます。

ここで[Don’t Send]をクリックすると、メッセージがGmailの「Draft(下書き)」フォルダへ移動します。

編集するときは、下書きフォルダでおこない、再度予約送信設定をしましょう。

(※念のためテストメールで送信される時間は確認しておきましょう!)

 

最新情報をチェックしよう!