Warning: Declaration of W3TC\DbCache_Wpdb::prepare($query, $args) should be compatible with wpdb::prepare($query, ...$args) in /home/finespace/it-meshi.com/public_html/wp-content/plugins/w3-total-cache/DbCache_Wpdb.php on line 8
WordPressの新しいバージョンでブロック形式の投稿が使いづらい場合の対策方法-「Classic Editor」プラグインのインストール方法│ITめし    

WordPressの新しいバージョンでブロック形式の投稿が使いづらい場合の対策方法-「Classic Editor」プラグインのインストール方法

■WordPressの新バージョンの投稿が、やりづらくなった件

新しいWordPressバージョンで、ブロックエディターが話題になっています。

…使いづらい、と。笑

こういうのは、時代の流れなので、ある程度仕様にユーザーが合わせるのは仕方ないとは思います。
が、本当に使いづらい。笑

■Classic Editorプラグイン

それは運営側もわかっているらしく「Classic Editor」プラグインで、以前の投稿タイプに直せるようになっています。
今のところは、2021年までの経過措置のようですが、ずっとこのままでいてほしい。。

■手順

 

1.新しいバージョンの投稿ページは、こんな感じの、ブロック投稿がメインになっています。
今回は、この形を以前の形式に戻す方法です。

 

2.「プラグイン」→「新規追加」→検索ダイアログに「Classic Editor」と入力→「今すぐインストール」をクリックします

 

3.「有効化」をクリックします

※インストールしたその画面でも、「インストール済みプラグイン」からでもできます

 

4.これで、ブログの投稿ページが以前のWordPressバージョンの形式に戻りました

最新情報をチェックしよう!