専門実践教育訓練給付金の「追加支給申請」手続き方法(教育訓練機関を終了して最初の試験に合格した場合)

 
わたし
専門実践教育給付金には、要件を満たして追加支給申請をすると、受講修了時にもらった50%に加えて20%を還元してもらうことができます。
その追加支給申請のやり方についてまとめました。

 

 

■申請方法(例として、専門実践教育訓練給付金)

これ通りに申請すればわかる、という流れを画像付きで乗せています。
以下を参考にしてください。

<リンク:【最新版】専門実践教育訓練給付金の申請 → 受け取り方!【体験談】>

■「専門実践教育訓練給付金の追加支給手続き」の申請方法

※例としてキャリアコンサルタント資格養成講座(専門実践教育訓練給付金)の場合を紹介

通常の50%申請が完了している前提になるので、残り20%の申請について、追加の資料持参が必要になるということです。

以下、コピーでよいものと、原本が必要なものについて、最寄りのハローワークで確認した情報になります。
皆さまの条件に一致することを保証したものではありません。
資料を準備する際には、ご自身の最寄りのハローワークでご確認いただくよう、お願いします。
ここでは、コピーで済むものがあるということ、そして必ずしも行く必要がなく郵送で済むことをお伝えします。

・教育訓練機関から発行されるもの

<コピーで良いもの>

領収書またはクレジット契約証明書
教育訓練経費確認証
【報告様式】専門実践教育訓練給付受給時報告~

<原本>

教育訓練給付金支給申請書

・自分で準備するもの

<コピー>

合格通知(学科・実技とも合格)
キャリアコンサルタント登録証

<原本>

教育訓練給付金の受給資格者証

▲参考:マンパワー国家資格キャリアコンサルタント講座申込時、配布資料より
 <外部リンク(公式):マンパワー「専門実践教育訓練給付金制度のご利用について」>

■知っておくと得すること

・申請には必ずしもハローワークへ行かなくてよい

「申立書」を別途用意して「就業中のために必要書類の持参が難しいため」と一筆書けば大丈夫です。
また、この「申立書」を、配布しているハローワークも多いです。
私の地域のハローワークでも、50%の給付を受けたときにくれました。

くれなくても、自分で紙を一枚用意して書いて送ればよい、ということです。

▲参考

 

・早く資格証明書を受け取る手続きを済ませよう

給付金の申請をするには、まずはこの証明書が必要です。
国家資格キャリアコンサルタントのように、試験に合格するだけでは証明書が送られず、別途機関への登録手続きが必要な場合があります。
早めに済ませておきましょう。

・受給には期限があるので早めに申請

需給申請には期限があるので、直前になってバタバタしたり、申請し忘れたりしないように、早めに申請しましょう。

それに補助金などは、社会情勢や国家予算の使われ方によって、今後どうなるかわかりません。
いきなり、なくなりはしなくても、1カ月後以降は申請されても払えません、なんていうこともありえます。

 

 

 

 

 
最新情報をチェックしよう!